晴れがすき

ロンドンのワーキングホリデー、1年間の滞在記録

Londonでワーホリ中
ヘアメイクアップアーティストをしながら、Europe旅行が一番の目的✈️

本物のサンタクロースに会いに行く!フィンランド!

5連休があったため、急遽フィンランド(Finland🇫🇮)ロバニエミ(Rovaniemi)
に行きました☃️


ロバニエミは首都ヘルシンキからさらに飛行機で北に1時間✈️
サンタクロース村(Santa Claus Village)というアミューズメントパークがあり、世界で認定されている本物のサンタクロースがいます🎄
そしてオーロラが年に200日くらい見える場所です。
ロバニエミでは、夏は720時間日が沈まない日があるらしく、
反対に冬は10:00〜14:00しか日が出ません🌞


私は1番安い航空券を購入した為、ヘルシンキで夜中滞在7時間ありました。
それでも往復€300くらい。


19:25のフィンエアーで出発し0:40にヘルシンキ到着。
時差が2時間ある為、実際のっている時間は2時間15分です。
*飲み物だけでました🍹
そして、空港内にあるGo sleep loungeというカプセルホテルに泊まりました。
ホテルというよりも、空港の端っこにカプセルがあり、その中で寝ると言った感じで、朝になると普通にガヤガヤしています。
€36です。


2日目、朝7:45に出発し、9:20にロバニエミ到着です✈️

空港から市内までは8番のバスで行けるのですが、次が3時間後だった為、たまたまいた市内行きのワゴンカーに1人€7で乗せてもらいました🚌


気温は11月の終わりのこの時期、だいたい0℃〜-10℃くらいで、風がないのでそんなに寒くありません。


服装は、UNIQLOの極暖と、ダウン3枚来てたら余裕でした。
靴は私はDr.Martinで寒くは無かったですがかなり滑りました⛸
友達は Hunterで長靴を購入して行ったのですが、これが大失敗です!
足が冷たくなって痛がっていました。
町中の人は大抵スノーブーツ履いています。
観光客は大抵スキーウェア着ていました。


滞在は2泊で市内のアパートをとっていました。ホテルは桁違いに高く、それでもアパートは2泊で1人€100💶

でも、サウナ付きの1LDKでキッチン道具も調味料もタオルもなんでも揃った綺麗なお部屋でかなり快適な2日間をすごしました!
やはりこっちの人は毎日シャンプーしないからかシャンプーリンスはありませんでした。


サウナはヒーターみたいなのに石が入っていて、ヒーターのスイッチを入れて、温まった石に水をかけて、室温を上げて行きます!
日本を離れてからシャワーしか使ったことがなかったので、全身温まって快適でした🚿

北欧は物価が高いので、滞在中はほとんど自炊です!
ケトルも持ち歩き、空港でも沸かして飛行機でに味噌汁を飲んだり😁
常に水筒に紅茶を入れ、外で飲みものは買わない、徹底した節約!!
スーパーもあるので、3日間の食費は1人€12でした!
冷蔵庫にあったイチジクのジャムが美味しくて、お土産に購入しましたが、帰りの空港で荷物の預かりは+€30と言われたので、諦めて没収されました🍞🥖


一度サンタクロース村でハンバーガー🍔とポテト🍟を食べましたが、€15もしました💦


ロバニエミには世界最北端のマクドナルドがあります!


ここでは、世界共通の安さ€1でハンバーガー食べられます!
見たことない、芋味のポテトもありました🍠
24h営業です!


最後の日に街を歩いていたら教会の方達が炊き出しをしていて、
地元料理が少し食べられました。

地元料理といえば鹿肉🦌
フィンランドにいる鹿は全て所有物で食用に飼われています。
このスープに少し入っていました。

このジュースはスーパーにもよく売っていた、道にいっぱい実がなっている赤い実だと思われます🍷美味しい!

月に一度開かれているそうです。


ロバニエミの街は小さくて田舎で、

田舎ならではのショッピングモールなどがあります。

正直、街に観光するところはありません。歩いて全部回れます。
強いて言えば、ひとつだけArktikumという博物館があって、北極圏での暮らしが観れるそうです。€12


3日目は、サンタクロース村Santa Claus Village)🎄


開演は10:00〜17:00までです。
市内からは8番のバスで向かいますが、10分待ってようやく来ました🚍
往復で€7.2です。クレジットカード使えます。


着いてまず、サンタさんに会いに行きました!

サンタさんは少し日本語も話せます。


A4サイズの写真一枚€30です💦
自分がサンタさんと話している動画や、写真のデータがほしければ€40です。
いい商売ですよね🎅


サンタさんはCMに出演したり、ポストカードの撮影したり、タレントみたいでした。

写真を撮り終わると、お土産屋さんに繋がっているのですが、
ここは周りのお店と比べて、ちょいと高め!
でも、結構同じものは無かったりするので、
吟味した方が良さそうです!


ポストカードはここで是非📮


ここには世界から手紙が送られて来ます。

世界最長の手紙としてギネスに認定されたものもありました💌

サンタさん宛に手紙を出すと、ちゃんと返信が来るそうです!


€8でサンタからの手紙を予約できます!
いろんな言葉が選択することが出来ます📨
ウェブでも申し込み可能!


郵便局もあって、ここから手紙を出すこともできます。

クリスマスに届くポストか普通のポストか選べます!


ここは、北極線があります❄️


ここは12/1からオープンなため、


別の北極線で写真をパシャリ🤳

この線は、村のインフォメーション前にあります。


そして、このインフォメーションでは、北極線到達の証明書が€4.5で発行できます!

A4サイズで割と大きくなんか嬉しいです🎄

ここに押してあるトナカイのスタンプをパスポートに€0.5で押してくれるサービスもあります!


そして、ここにはマリメッコやムーミンのちょっとしたアウトレットなんかもあります!


夜の方がキレイ✨


3日目にして私達はようやくロバニエミの街中心部でオーロラを見れないことを知ります。
博物館の駐車場がかろうじてみえるそうですが、滅多にないことだそうです。
どちらにせよ私達が来てからは天気が悪く見れてないそうで…


オーロラを見るためには、オーロラが良くみえるスポットまで行かなくてはいけない為、ツアーに申し込むのが一般的な様です。


日本人ガイド付きのmoimoi号というのがあったので、そちらで当日に予約しました。
3日前までならネットで予約できるそうですが、当日だと、直接デスクまで行きます。
11/30までは町の中心にあるSanta Hotelのフロントで14:00〜16:00の2時間だけデスクが開かれています。
とりあえず話を聞きに!


オーロラが見える条件は、
毎日出るオーロラの濃度の様なものがあるらしく、これが6まであって3以上でないと見るのは厳しいそうです。
この日は4でした。
あとは、晴れていることが絶対条件☀️
けれど、天気が変わりやすい為、そこも読めません。
なんと、€85もするので、参加するかしないか悩みましたが、


最後の日ですし参加することにしました!!


ツアー客は全員日本人で40人!
皆さんだいたい滞在中毎日参加している様です。2日以上行くと割引あるそうです!


所要時間は20:30〜24:30で、30分くらいかけて何も街頭もない開けたところに行き、そこにある小屋で2時間待ちます。


行く道中ガイドさんがフィンランドのミニ情報を教えてくれるので割と楽しいです。

こんな小屋に着いて、

お手伝いに来ている現地のご夫婦の手作りお菓子や、紅茶、

自分で囲炉裏で焼くソーセージなどが貰えます🌭

ここでは他の人達とも話たり、あっという間に時間がすぎて、

オーロラは出現せずに終わりました。

オーロラはどちらにせよ肉眼で見ることは難しいらしく、肉眼ではっきりしたオーロラを見るのは余程運がないと見れないそうです。


大抵のオーロラは白い雲の様な感じで、
カメラに取ると色とりどりに映るそうなのですが、カメラもちゃんと設定をして三脚がないと難しいそうです。
とりあえずMにして感度を上げてシャッタースピードを10秒くらいに遅くして、暗闇でもシャッターを切れない場合はAFモードになっているのでMFに変えます。
設定を変えられましたが、三脚まではありません。
かなり撮るのは難しいとのことでした。


そして、帰り。。。
私達は朝の5:45発の飛行機です!
本当は空港で時間を潰せばいいかと宿を取っていなかったんですが、
ロバニエミの空港は1日に数本しかない為、運行していない時は閉まってしまうそうです。
なので急遽、Airbnbで格安のシェアハウスの一室を取りました。
確か1人€15くらい!


そして、空港に行く手段は、
いくつかのホテルを飛行機の出発1時間前くらいに循環してくれるバスです🚍


なので、前日に近くのホテルにここは止まるか確認して、そこで乗り込むことにしました!
*でも結構時間がアバウトなので早めに行ったほうがいいでしょう。
しかも、ホテルは中で待たせてくれません❄️寒いっ
これも1人€7です。


現金は全く必要ありませんでした。
交通手段がバスしかなくて1回1回高い為、
市内徒歩圏内にホテル等
を予約することをおすすめします。
しかも、キッチンのついたアパートは安くて節約にもなります。


北欧ではオーロラは運です!!見れても薄っすら。。。カメラには映るけど。。。
ってな感じで、はっきりとした綺麗なオーロラはたまーにしかないそうです。。。


オーロラがみたいならカナダかアラスカがいいそうです!
しかし、日中はやることなし、オーロラのみ!
けれど、北欧には他にも楽しいことがあるので、オーロラが決して見れなくても、
いい旅ができました!!