晴れがすき

ロンドンのワーキングホリデー、1年間の滞在記録

Londonでワーホリ中
ヘアメイクアップアーティストをしながら、Europe旅行が一番の目的✈️

3度目のリバプールはひとり旅💛

3度もリヴァプールを訪れている理由と言ったら
"The Beatles Live"です💛


The Beatlesが 1961年から292回もライブをしていたパブ、CAVAN CLUBで各種金曜日と毎週土曜に開催されるライブなんですが(金曜と土曜は内容が違います)


最初にLiveに行ったきっかけは、ただThe Beatlesが好きだったから。


けど、今の目的は、The Beatles Liveをしているこのバンドにハマったからです。


なんとも言えない魅力があります


私のイチオシはジョンレノンのポジションの人💛


でも、実は最初の一度しかこの人を見れていないのです。


2度目のリバプールでは、あると思っていたLiveがなく、今回はなんとジョンの人だけ代行なのか違う人でした…
まさか変わったんじゃないよな…ともう見れないの😭と不安になりながらのLiveでした。



そして今回は、マジカルミステリーツアーにも参加しました🚌


バスで、The Beatlesゆかりの地を2時間ほどで巡るツアーです。


1人で参加してるのも私ひとり。
アジア人も私ひとり。


という孤独のバスツアーでした。


英語での説明と、The Beatlesの曲が流れながらのバスツアー。


英語なので、全部たぶんなのですが、、、


The Beatlesのメンバーは高校の同級生ということで、幼少期を過ごした家はみんな近いです。
ジョンとポールの家だけ、ナショナルトラストの管理下にあります。
(リンゴとジョージは何故だかされてない)


なので、Googleマップで検索しても出てきます。


最初は、リンゴスターの家の近くのパブ
リンゴスターのソロ曲のジャケットにも使われていて、リンゴのお母さんはここで働いていました!

(車窓から)


次はジョージの家

今も誰か住んでるような感じ。


次は、曲のモデルになった道
ペニーレイン(Penney Lane)
この標識だけです。

なす
次も、曲のモデルになったジョンレノンが幼少期遊んでいたという孤児院です。2005年に閉鎖され今は門しか見れません。けれど再建に向けて動いているようです。
ストロベリーフィールド(Strawberry Field)
門の前だけ


次は、ジョンレノンの家
というか、ジョンが育ったジョンの母親の妹ミミおばさんの家

何故か車窓から。
おろして欲しかったな…


そして最後に、ポールの家

ジョンはポールとここでよく練習していたらしい。



みんな普通の家庭で育った普通の人達。


人が狂ってしまうほどの魅力を持ったバンド。


ファンに苦しめられファンに殺された。


60年経った今でも、凄まじい人気と、
色褪せない曲。


リアルタイムで観てない私は、
当時に今の年齢だったらどんなになっていただろうか。


リアルタイムでみたいけど、みないほうが幸せなのかもしれない。