晴れがすき

ロンドンのワーキングホリデー、1年間の滞在記録

Londonでワーホリ中
ヘアメイクアップアーティストをしながら、Europe旅行が一番の目的✈️

4カ国目 スロバキア✨ブラチスラヴァ

4カ国目はスロバキア
1992年まで、チェコスロバキアだった、スロバキアの首都ブラチスラヴァです。


スロバキアの見どころを調べても調べても、ブラチスラヴァしか出て来ません。


ブラチスラヴァの見どころを調べてもこれみたいなってものは出て来ません。


行ったことある友達に聞いても、滞在時間は4時間で十分と。


これを逃したら行く機会ないし、
もう一生行かないだろうからなんて気持ちで行きました。


ところがどっこい、東欧ヴィンテージ巡りの私達にとっては、ここで全て欲しいもの見つかったんじゃないかってくらいの買い物をすることになりました😆


プラハからブラチスラヴァまでは電車で行きました🚃

写真ではうまく伝わりませんが、ハリーポッターに出て来そうな感じの車両
横3人掛けの椅子に扉、通路みたいな


Caske drahyというチェコの鉄道会社のホームページからチェコ通過で購入
Praha.hl.n→Bratislava hl.st
7:51出発11:50到着 €にすると1人€24.46でした。


ちなみにブラチスラヴァの通過は€です。


ブラチスラヴァの駅に到着🚉


なんとも言えない東南アジア感


泊まる宿は、Booking.comで"Possonium"1泊2人で€48.40です。
駅から歩いて10分くらい。


部屋に水道あり、トイレとバスルームは共用、キッチン、洗濯機も共用であります。

この値段にして、この広々とした部屋
オシャレで清潔!マンションをそのままホテルにしたような感じです!


受付も一応24時間体制で、荷物も預かってもらえます!!


今回の旅で一番助かったのは、どんな形態の宿でも、事前連絡で着く時間を伝えれば、荷物を預かってくれるし、ただ荷物を預かってもらうために早く行っても、大抵はチェックインをして部屋に通してくれる!!
とても助かりました😆


半日しか時間を取っていないブラチスラヴァですが、あいにくの雨のち曇りです☂️☁️


とりあえず、歩いて旧市街地へ




Summer Archbishop Palace(政府機関)


お城が見えてきました!

可愛いお店がたくさんありました💕


ミハエル門




ランチは味も美味しい、店内も可愛い💕
Twenties


1人でバントをしているユニークなおじさん


Man at work

中国人の団体観光客が常にいて、この写真1枚で即退散!


Parta
布や可愛いテープ、民族衣装も売ってるお店

ここで買ったテープ

このテープはこの後行ったウィーンの高級ディアンドルのお店Das Neue Schwarzで同じものが使われているのを見ました❗️


聖マルティン大聖堂

隣のヴィンテージショップ兼カフェ


ブラチスラヴァ城までは登り坂です。
途中の道

上の方から見た、ブラチスラヴァの街


ブラチスラヴァ城の庭園(無料)

特に中に入るようなシステムはありませんでした。見て終了です。


また下へ戻りました。



可愛いカフェに遭遇☕️(ミハエル門の脇の通り)

Presporak


✨今旅1番と言える、ヴィンテージの洋服屋さん✨
Vintage shop

ブラチスラヴァのどこからこんなに人がというほど結構混んでました❗️
民族衣装から古着まで、状態も質も物も良い
洋服やシューズ、バックがかなりの格安なお店値段で売られていました!


来てる人もかなりオシャレ🎵お店は、パーティのような雰囲気


ブラチスラヴァかなり熱い✨


私は合計4着購入し、総額€40です。1枚平均€10...格安です!!


このVintage shopのすぐ近くが、広場になっていて、今日は、イベントをやっているようでした!
すると、ちょうど立ち止まってタイミングで
沢山の民族衣装を着た子供達が、伝統的なダンスを💃
バックが、広告のスクリーンなのが惜しい!


これがアルプスの草原だったらどんなに良いか!

でも、すごい可愛かったです!



この日は何かの日だったのかなと思うくらいあちこちでイベントをしていて、もしそれがなかったから閑散とした街だったのかもしれないけど、このVintage shopがある限り、何度も行きたくなる、ブラチスラヴァの旅でした✨